笹の葉サラサラの七夕に合う食品を考えてみた

7月7日はあの「笹の葉サラサラー」の七夕です。各地で笹に飾られた短冊にたくさんの人の想いが託されます。
天の川をオリ姫と彦星が渡り一年に一度だけ会えるというロマンチックな物語が語り継がれる7月7日ですね。
その昔日本行事として乙女が着物を縫って棚に備え、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり人々の穢れを祓うというものがありました。
伝統ある日本の五節句、七夕ですが最初は豊作を願うことから始まり今の願いごとをするスタイルの行事へと変わっていったようです。
それにしても七夕は雛祭りや端午の節句などと違い、代表的な食べ物、いわゆる行事食がないですね。例えば雛祭りなら、菱餅、ひなあられ、ハマグリのお吸い物など、端午の節句なら柏餅などです。
コンビニやスーパーも便乗売出しをかけますが、七夕らしい食材や献立など思いつかないのが不思議です。
ならば七夕らしいこの季節の食べ物考えてみましょうか。そうですね、さっぱりとした感じの、さくらんぼゼリーなんていかがでしょうか!